JINS(ジンズ)~ブランドの始まりと設立・コンセプト・デザイナーetc.~まとめ

JINS(ジンズ)~ブランドの始まりと設立・コンセプト・デザイナーetc.~まとめについてまとめています。

JINS(ジンズ)のアイテム等をお買い求めの場合はの公式サイトにてご覧下さい。

スポンサーリンク

JINS(ジンズ)とは

JINS(ジンズ)は日本のアイウェアブランドです。

男性女性問わず日常使いに適したオリジナルの眼鏡、サングラス、etc.を多数取り扱っています。

また、2018年7月~は、JINSのハイエンドアイウエアラインとして”J of JINS(ジェイオブジンズ)”をスタートさせています。

JINS(ジンズ)のブランドの始まりと設立について

JINS(ジンズ)のブランドの始まりと設立は2001年~となっています。

運営会社は有限会社ジェイアイエヌ(現ジンズ)となり、1988年7月に群馬県前橋市で設立され、2017年4月1日から社名を株式会社ジンズと称して英文でJINS Inc.に変更されています。

JINSの1号店は”JINS天神店”となり、今では全国に店舗を構えるまでに成長しています。

2001年にジンズブランドにてアイウェア事業に参入した後に、2006年に株式上場、2009年にアイウェアブランドをJINSに刷新、2013年に東証一部上場企業となっています。

JINS(ジンズ)のコンセプトについて

JINS(ジンズ)のコンセプトは”あたらしい、あたりまえ”という理念を掲げています。

JINS(ジンズ)のデザイナーについて

JINS(ジンズ)では表立ったデザイナーは存在していません。

※JINSの代表取締役社長は田中仁氏

JINS(ジンズ)まとめ

JINS(ジンズ)はこれまで高価なものと意識があった眼鏡をリーズナブルな価格で提供しています。

それはJINSで、企画生産、流通を一貫して行うSPA方式を使用することによって実現されています。

JINSの眼鏡の基本価格はおおよそ4900円~となっており、段階的に価格も変わる形となっています。

また、既存のJINSとは違ったハイエンドアイウエアラインも存在しています。

シーズンごとにキャンペーン等も展開されています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加