JERZEES(ジャージーズ)~ブランドの始まりと設立・コンセプト・デザイナーetc.~まとめ

JERZEES(ジャージーズ)~ブランドの始まりと設立・コンセプト・デザイナーetc.~についてまとめています。

JERZEES(ジャージーズ)のアイテム等をお買い求めの場合はの公式サイトにてご覧下さい。

スポンサーリンク

JERZEES(ジャージーズ)とは

JERZEES(ジャージーズ)はRUSSELL ATHLETIC(ラッセル アスレチック)が1983年にプリンタブル・ウェアラインとしてスタートさせたのが始まりとなっています。

RUSSELLの兄弟ブランド、弟ブランド、などとも言われています。

アメリカのスポーツシーンには欠かせないTシャツ、スウェット、などのボディブランドです。

コットンとポリエステルを50:50でミックスした混合素材(通称=ポリ混)のTシャツが代表的なアイテムとなっています。

それ(ポリ混)により、JERZEESのTシャツは、サラッとしてドライな風合いで、優れた吸汗性と速乾性を持ち合わせています。

また、コストパフォーマンスの良さも持ち合わせています。

さらに今では、+レーヨンも併せたトリプルブレンド(三者混)のアイテムも展開しています。

そんなJERZEESのTシャツ(ボディ)は基本的には人気バントの販促物いわゆるバンドT、また企業向けのTシャツ、などに重宝されてきています。

JERZEESはタグによって年代も分かれており、現在、古着愛好者にとっては人気ブランドの一つとなっています。

また、現行のものもリリースされており、プリントTだけでなく無地Tとしても人気のアイテムとなっています。

JERZEES(ジャージーズ)のブランドの始まりと設立について

JERZEES(ジャージーズ)はRUSSELL ATHLETIC(ラッセルアスレチック)が1973年にプリンタブル・ウェアラインとしてスタートさせたのが始まりとなっています。

ちなみにRUSSELLは世界で初めてスウェットを作ったブランドです。

JERZEES(ジャージーズ)のコンセプトについて

JERZEES(ジャージーズ)のコンセプトは、基本的にはく、素材~着心地にこだわったアイテムを展開しています。

JERZEES(ジャージーズ)のデザイナーについて

JERZEES(ジャージーズ)のデザイナーは、不明です。

JERZEES(ジャージーズ)まとめ

JERZEES(ジャージーズ)は、ブリンタブル用のTシャツのボディブランドと考えていれば大方間違いはないでしょう。

JERZEESは速乾性のあるポリエステル混合素材をいち早くTシャツに取り入れたブランドです。

とはいえ、ブランドとしての注目度で言うとそれほど高くはないと思います。

ただ、ヴィンテージのTシャツを探すとかなり頻繁に見かけますし、ファッションの歴史(特にアメリカンカルチャー)を紐解くにおいて欠かせないブランドであることは事実としてあります。

もちろん、現在ではTシャツだけでなく、スウェット、等もあります。

そして、ほかブランドとのコラボレーション、また別注など、多数のアイテムも展開しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加