腰痛の対処方法は・・・いつも通りの生活で自然に治る?

腰痛の対処方法は・・・いつも通りの生活で自然に治る?

腰痛の悩みを持つ人は年々増えているといいます。
もはや国民病とまで昨今ではいわれているほど・・・。

実は腰痛を対処方法では”過度な安静は逆効果”といわれているのをご存知でしょうか?
これはずっと前から言われていることで腰痛を悩みにもつ人には周知の事実となっております。

腰痛を悩みに持つのであれば・・・安静にしているよりも動いた方が腰には良いのです。(特別な腰痛を除く)

※特別な腰痛とは”特異性腰痛”といい、例えば、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、などがそれにあたります。これらの腰痛は外科的治療が必要なことがあり、医療機関による診断がおすすめとなります。ただしこれらの腰痛は腰痛の15%ほどとなり、85%は自然と治る腰痛になります。

スポンサーリンク

85%の腰痛の対処方法は・・・自然に治る

医学界の常識として・・・腰痛は1週間ほどで自然に治るというのが常識です。

ちなみに腰痛は風邪に例えられることが多く、つまり必要以上に警戒する病気(異常)ではないということとなります。

ですから、ときには安静にしておくことも大切ですが、ある程度の(腰の)痛みがひけば”いつも通り”に生活をすることが腰痛の対処方法となるのです。

長期間安静にしておくことで筋肉の衰えに繋がるということも考えられますので、過度な安静は自分自身の健康状態を損なう危険性もあるのです。

投薬治療のリスク?

薬を使って腰の痛みを和らげる方法もあります。

痛みがある場合は投薬などで痛みを減らすのもありです。しかし薬に頼りっぱなしになるのは決してよくありません。ですが急性期に薬を飲んで痛みを減らすことは、とても有効となります。なぜなら(腰の)痛みが長時間続くと脳がその痛みを覚えてしまい、本来痛みを感じないような動きや刺激でも痛みを感じるようになってしまう場合(恐れ)があるからです。

ということですので過度な投薬はリスクがあるのでほどほどにした方がよさそうですね。
ですが全面的に投薬治療が悪いというわけではありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加