乾燥肌を悪化させない顔の洗い方(洗顔)3つの方法

乾燥肌が悩みというあなた・・・もしかすると自分で肌のバリア機能を傷つけて、乾燥肌を招いている危険性があることをご存知でしょうか?

ほとんどの人の乾燥肌を悪化させる原因として間違った顔の洗い方をしているということが考えられるんです。

今一度あなたのその洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

乾燥肌を招く洗顔方法とは?

乾燥肌の原因となる顔の洗い方にはいくつかあるのですが特に気をつけたい洗い方を紹介したいと思います。

心当たりがある場合は即効で改善する必要があります。

力強く顔を洗う

乾燥肌の顔でも一日行動していれば少なからず油は浮いてきます。
その油を落とそうと顔面を力強く”ゴシゴシ””ガシガシ”と洗っていませんでしょうか?

それは正しい洗顔方法とは言えず、顔にとっては逆効果になるんです。
力強く顔面を洗うことにより角質層を傷つけてしまい、肌本来の持っている保水力を低下させることとなり、さらなる乾燥をよんでしまうんですね。

つまりこのタイプの人は本当は乾燥肌ではない可能性もあるということ。
自分でわざわざ乾燥肌にしている・・・というまぬけなことになっているかもという話なんです。

また洗顔料でも気をつけたいことがあります。
私もそうなんですが・・・スクラブ入りの洗顔料を使うことで肌の炎症を引き起こしてしまう恐れがあるんです。

肌の弱い人でスクラブ入りの洗顔料を使用しているという人は今一度考え直してみてはいかがでしょうか?私はスクラブ入りを使わないようにしてから肌の調子が良くなりました。

顔の洗いすぎ

顔のにきびやあれなどを気にするあまりに『清潔に保っておくことが大事』と聞いて、朝、昼、晩、と顔の洗いすぎなどに心当たりはありませんか?

これは必要最低限の皮脂までも洗顔により落としてしまっている恐れがあるんです。(※クレンジングや洗顔をし過ぎることによって皮脂膜や角質層のセラミドなどの細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)までも無駄に洗い流してしまう)

洗い過ぎにより肌のバリア機能を低下させてしまい、紫外線などから直接ダメージを受けてしまうということになるんです。

顔の洗い過ぎには十分に注意した方がいいでしょう。

洗顔料の洗浄効果が強すぎる

先に書いた洗い過ぎにも少し共通するのですが、顔の汚れを落とそうとするあまりに、洗浄力の強い洗顔料を使用している(自分の肌との相性が悪い)ことでも本来、肌に必要な皮脂膜、細胞間脂質、NMFまでも洗い流してしまう恐れがあるんです。

出来るだけ自然派洗顔料などを使い、合成界面活性剤が不使用のものを使用することがおすすめです。

まとめ

そのほかにも洗顔後にタオルで顔を拭くときにもゴシゴシと力強く拭くことはNGです。
優しく拭いて、出来るだけタオルも柔らかい素材のものを使用することがおすすめとなります。

また、熱いお湯で洗顔しているのも良くありません。
36~37度くらいのぬるま湯で洗うことが良いでしょう。

女性の方であればメイクをしたまま寝るなどは絶対に控えるべきです。
肌の乾燥だけでなく、肌あれ、くすみ、しみ、にきび、などさまざまな肌トラブルの原因となることは間違いありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加