二重あごになる原因(姿勢や筋肉の低下)?改善方法とは?

顔の悩みで”二重あご”が気になるという人がいるでしょう。

体が太っていないのに二重あごになっている人もいれば、肥満が原因だと考えられる二重あごなど・・・また年齢を重ねることで顔にお肉がたるんできて二重あごの原因となっているなど考えられる/思いつく原因はさまざまです。

スポンサーリンク

人が二重あごになる原因とは?

二重あごになる原因には先にも書いたようにさまざまな理由があります。
ここでは特に考えられる二重あごの原因について触れていこうと思います。

心当たりがある場合などはその逆のことをすることで二重あごの悩みを解消/改善できると思います。

急激な肥満

肥満はやっぱり二重あごになる原因であることは間違いありません。
さらにいえることは急激な肥満などは特に二重あごになる原因となります。

また人によっての個人差はもちろんありますがあごの下部分に脂肪が蓄積しやすい体質の人などは二重あごになるでしょう。

肥満はメタボリック症候群などほかの病気との併発も考えられるので日頃から肥満への心配がある人は二重あごだけでなく日々の食生活の改善が必要でしょう。

姿勢の悪さが二重あごに影響を及ぼす

二重あごになる原因には日頃の姿勢にも問題あるという人がいます。

特に仕事で事務作業が中心でPCをよく使うといった仕事をしている人であれば、キーボードをカタカタと打つときなどディスプレイを見るときにどうしてもあごを引きがちな姿勢になると思います。その姿勢が二重あごの(お肉のたるみ)原因となるようです。

できるだけ意識をしながら同じ姿勢にならないように気をつけることが大事です。

顎関節症や虫歯が原因となる二重あご

顎関節症や虫歯がある状態ではどうしても左右どちらかのあごに負担がかかるということがあります。するとかみ合わせのバランスの悪さが影響してしまい、結果二重あごの原因となることがあります。

顎関節症は軽い症状のものから、常日頃からあごの関節が痛いといったような重度のものまでがあるのでかなり気になるものであればすぐに専門医に見てもらうことがおすすめです。

食生活によるあごの力の低下

昨今では西洋化、欧米化の食生活が日本でも進み、日本食ならでは食べ物よりも柔らかい食べ物が多くなりました。

それが理由となり、咀嚼する力が弱まり、あごの筋肉が低下するということが二重あごの原因となってきています。

つまり、アゴ周りの筋肉を使わなくなり筋肉が衰え脂肪を燃焼できない、さらには血液やリンパの流れも悪くなり、むくみ、たるみへとつながってしまうのです。

ですから出来るだけ普段から積極的に固い食べ物を適度に食べるということがおすすめです。
意識していないと柔らかい食べ物を食べてしまいがちになっています。

まとめ

二重あごになる原因にはもちろん普段の美肌ケアなども関係している部分となります。
リフトアップなどは大切ですよね?

ただ、普段の食生活や生活そのものも重要なことなのです。

姿勢や食べ物を意識的に変えたり、取り入れたりすることで、顔の悩みになっている二重あごの改善/解消は少しづつ変化していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加