いびきがうるさい原因と治し方!男性や女性は関係ない!

いびきをかくといえば・・・男性!というわけではありません。
普通に女性でもいびきをかきますし、男性も女性もいびきがうるさい人はいます。

私はどちらも実際に見たことも聞いたこともあります・・・。

そしてなにやらどこぞ(エスエス製薬)の調べによると女性でも世代問わずに3~4割がいびきをかくようです。

スポンサーリンク

いびきの原因と対策(治し方)

いびきを治したいというのであれば・・・まずは原因を考えて、それにあった対策(治し方)をとつ必要があります。

ここでは寝ているときにいびきをかく原因をいくつか紹介します。
あなたしかり、あなたの周囲の人しかり、心当たりがあれば改善するのがおすすめです。

いびきをかいて良いことは基本的にありません。(健康にも周囲の人にも・・・)

そして、いびきは寝ているときに自覚なしに起こってしまうもの・・・ですから改善するには周囲の人の協力が必要になります。

枕の高さ

いびきをかく原因には枕の高さが合っていない(相性が悪い)ということが一つに考えられます。

枕の高さが合っていないことによって呼吸がおかしくなっているわけです。
この理由は例えば枕が高すぎることによって、呼吸をする際に上気道(じょうきどう)という空気の通り道が圧迫され狭くなってしまっているということが考えられるのです。
その結果→いびきをかくということになります。

では枕を低くするといびきが改善するのか?というとそう簡単にはいきません。
逆に枕が低すぎると舌(べろ)が上気道に落ちることになり→いびきをかく原因になるのです。

枕の高さがいびきの原因になっている考えられる場合は、まずは低い枕から徐々に高さを変えていき様子を見るということがおすすめです。

その際にはやっぱり周囲の人(同居している人など)に協力してもらいましょう。

寝ているときに口で呼吸をしている

鼻炎持ちやハウスダスト、花粉症など鼻の通りが悪い人は寝ているときに口で呼吸しているという人が多いと思います。

就寝中に口で呼吸をすることは・・・いびきをかく大きな原因になります。

鼻づまりがいびきをかく主な原因となっていますので治し方としては鼻づまりを治すということとなります。

市販の鼻づまりを治す薬を試したり、専門医などに診てもらうということを検討するなども必要になるかもしれません。

寝相が悪い(仰向けで寝ている)

寝相が悪かったり、寝ている時間の大半を仰向けで寝る人はいびきをかきやすくなります。

仰向けで寝ることによって枕の高さの時と理由は似たものになるのですが・・・上気道が狭くなり(舌が下がるため)、いびきをかきやすい原因となります。

肥満体型(太っている)

やっぱり上気道関連が原因になることがいびきの原因としては多くなるもので、肥満体型の人がいびきをかきやすい原因は首周りに脂肪がつくということです。

肥満体型の方のいびきは少し怖い側面もあり、症状が悪化することによて、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の恐れもあり、心臓病を引き起こす誘因にもなり得ます。

肥満体型の方はまずは標準体重に戻すことを心がけましょう。
いびきの改善はその後です。
ただ肥満を改善することで自然といびきについても改善されるということもありますからね。

まとめ

ほか、いびきの原因には、喫煙習慣や飲酒習慣も関係したりします。

普段は全くいびきをかかない人もお酒を飲み過ぎた日などは驚くほどいびきをかくという人もいます。

また、不規則な生活習慣(運動不足やストレス)もいびきをかく原因をつくるといわれています。

現在は病院でもいびき外来というものが存在するのであまりに悩みがひどい場合は相談することも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加