ついついやりがちな間違ったNGな風邪の予防対策方法

風邪ってとてもしんどいですよね?
大人の風邪ってつらいです・・・。

ですから風邪にかからないようにマスクを常用したり、ほか手洗い、うがいといった予防方法を実践してるのではないでしょうか?

しかし、意外と知らず知らずのうちやってしまっている間違ったNGな風邪の予防方法を行っている人もいるようです。

スポンサーリンク

間違ったNGな風邪の予防方法とは?

仕事や学校など外出先から帰ってきたときなど、まず手洗い、うがいをするという風邪の予防方法・・・これ一歩間違うと逆に風邪を招くことになっている恐れがあるんです。

手洗いのやり過ぎには注意

まず『手洗いの仕方』です。
外出先から帰ってきて手を洗うことは風邪の予防方法としては間違いではありません。

ただ洗い過ぎに注意が必要なんです。
洗い過ぎることにより手が荒れてしまうという人が非常に多いのです。

また手を洗い過ぎることにより、手の常在菌まで殺菌してしまう恐れもあるのです。
常在菌は風邪などのウィルスと戦ってくれる菌となり、この菌を殺菌してしまうことにより、逆に風邪にかかりやすいということになってしまいます。

手洗いは風邪の予防対策としては非常に重要なことですがやり過ぎには注意が必要なのです。
やり過ぎは間違ったNGな風邪の予防方法となります。

いきなりのどのうがいはNG

そして『うがいの仕方』です。
口に水を含み、いきなり喉でゴロゴロうがいなどをしていないでしょうか?
しているという方は逆効果となっています。

つまり間違ったNGな風邪の予防方法なんです。
うがいをするときはまず口全体をゆすいでから喉でガラガタうがいをしなければなりません。

なぜか?それは口の中には風邪ウィルスが存在していた場合に口全体をゆすがずにいきなり喉ガラガラのうがいをしてしまうと喉にウィルスを届けることになるからです。

自分自身に風邪のウィルスを体内に入れることになるというまぬけなことになってしまいます。

ですから、うがいの際にはまずは口全体をゆすぐことを最優先にして、その後にのどのうがいという順番を守りましょう。

まとめ

間違った風邪の予防対策を紹介しました。

風邪にかかると本当にしんどいの予防対策はとても大切ですが・・・なんとなくで予防対策をしていると知らず知らずに間違った対策をしていることもあるのでしっかりとした予防対策をすることが本当の予防となりますのでちゃんとした知識をもつことが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加