アイシャドーやファンデなどコスメグッズ(お化粧品)の消費期限とは?

女性は毎日洋服を着るのと同じようにお化粧をする必要があります。
大変なんです。

そして、当たり前ですが、そのお化粧品を購入するわけです。

人気コスメなどはどんどんと新しいコスメグッズは誕生しています。
テレビや雑誌など多くのメディアでもCM、広告が流れています。

気に入った化粧品でもいずれは消費期限がやってきます。
お気に入りだからといって、ずっと使い続けているということはないでしょうか?

消費期限を守らないと予期せぬ”肌トラブル(あれ、しみ、くすみetc.)”の原因になっている恐れがあるんです。

スポンサーリンク

化粧品の消費期限は未開封で3年

基本的には化粧品の消費期限は購入してから未開封の状態であれば約3年が消費期限とされています。
つまり購入してから3年以内に使うということが前提です。

まぁ3年もあればよほどのことがない限り使うと思います。
問題は使い切ることが出来るかということですね。

もちろん毎日同じ化粧品を使っていれば使い切ることもできると思います。
毎日同じものは使わないという人もいますからね。

そして、開封後はなるべく1年以内に使い切るということ。
未開封で3年で開封してからは1年ということになります。

開封することによって空気に触れますから酸化が進むことになりますので、また、日々の湿度や気温によってもお化粧品の消費期限は変わってきます。

ですから基本的には半年~1年くらいが買い替えどきになります。

ただ、マスカラやアイラインなどは目に近い部分をメイクするので3ヶ月~半年くらいが買い替えの目安となります。

もっとも消費期限が長いとされているコスメグッズでは、チークやアイブロウなどです。
これらはファンデーションの上から使うコスメグッズとなりますので、消費期限としては、1年~2年くらいを目安とされています。

ブラシやパフの雑菌の繁殖にも気をつける

日々使うお化粧品の消費期限について紹介してきました。

お化粧品は肌に直接使うものとなりますので劣化したものを使うと肌トラブルの原因となりますのでかなり気をつけたいところです。

肌は不潔にしていることがトラブルの原因になりますから。
お化粧ではなく”汚化粧”などと呼ばれることもあります。

また、ブラシやパフといったメイク道具も雑菌が繁殖しやすいものとなりますので1週間に1度くらいを目安に洗うことがおすすめです。(ブラシやパフなども肌に直接触れるものとなりますので皮脂が付着して雑菌が繁殖しやすいんです)

また長期間にわたり、使用しているもの(ブラシやパフetc.)に関しては買い替えをすることもおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加