魚卵に含まれるDHA、EPA、アスタキサンチンは健康維持には不可欠

魚卵に含まれるDHA、EPA、アスタキサンチンは健康維持には不可欠

イクラやたらこなどといった魚卵が体に良い成分の塊だということをご存知でしょうか?

実は最近までは魚卵の体(健康)に良い成分よりもコレステロールや塩分の高さに注目されがちだったのですが・・・ここにきてそれら(コレステロールや塩分)を凌駕している成分が含まれていることが注目されているんです。

それらに注目して開発されているサプリも各社から販売されてもいますので試しに一度トライしてみてもいいと思います。

スポンサーリンク

魚卵に含まれる注目の成分とは?

イクラやたらこなどの魚卵に含まれ注目されている成分とは・・・

  • DHA(ディー・エイチ・エー)
  • EPA(イー・ピー・エー)
  • アスタキサンチン

などです。

それぞれ、認知症の予防や動脈硬化予防などのさまざまな病気に効果があるというデータが挙がっている成分です。

それらの成分が魚卵には豊富に含まれているのです。

どれも一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

DHAの効果とは?

DHAの効果でもっとも有名なものは”認知症の予防”です。
つまり、DHAは脳の若返りなど、私達の脳にとって良い影響を与える成分になっているんです。

  • 学力の向上
  • 循環系・肝臓系の疾患予防

などその働きは目覚しいものがあり、子供~高齢者までが摂取するべき栄養素となっており、中性脂肪を低下させる効果もあります。

さらにがん予防などにも効果があるといわれています。

EPAの効果とは?

EPAの効果で有名なものは”動脈硬化の予防”です。
EPAはイワシの油が濃縮されたものが薬などに使われていることでも有名ですね。

DHAもEPAも私達の身近ではトクホ商品として販売されている、お茶やコーラといった、特定保健用食品にも配合されている成分となっています。

トクホとは?特保の効果は日常の食品からも摂取できる?

アスタキサンチンの効果とは?

アスタキサンチンにはビタミンEの500倍の抗酸化力をもつといわれており、アンチエイジング(若返り効果)や視力回復といった効果が期待できます。

つまり、活性酸素と戦ってくる成分が含まれているわけです。

活性酸素は生活していると免れないものですし、体に悪い影響ばかりではありません。

しかし、活性酸素は必要以上に体内取り入れてしまうものでもあり、どうしても除去したいものでもあります。

なぜなら、活性酸素はさまざまな病気は疲労を引き起こす原因となるからです。
アスタキサンチンはこの活性酸素を除去してくれる働きを持っているのです。

サプリ・健康食品でも摂取できる

これら、

  • DHA
  • EPA
  • アスタキサンチン

らは魚卵に含まれているのですが、なかでも赤い魚卵に豊富に含まれるものとなります。
イクラやたらこなどがおすすめとなるんですね。

ズツノンDr.偏頭痛ズキズキ対策サプリ口コミ・効果、通販は楽天orアマゾン?公式サイト?/となりのドクター

イクラやたらこ以外の魚卵に関しても赤い魚卵の方が栄養素を蓄えていることになります。
ですから出来るだけ赤い魚卵を摂取したいものです。

もっともっと、これらの栄養素を摂取したい、といった際にはサプリといった健康食品で補うというの一つの手段といえます。

ただ何事も同様ですが・・・摂取のし過ぎには気をつける必要はありますよ^^;

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加